中古にはメリットが

コピー機単純に複合機の導入を考えるのであれば、中古での購入にメリットがあるのは間違いありません。イニシャルコストは新品よりも勝り、ランニングコストも抑えられます。性能的にも、驚くほど古いものにしなければ、ほとんど問題はないでしょう。使用用途なども考えていかなければいけませんが、中古コピー機を購入するというのは、優れた方法になるのは間違いありません。

購入方法というところでは、それぞれメリットがあることは間違いないところです。中古のデメリットといえば、だれかが使ったものであるという話になるでしょう。ですが、ここで大切なことが、日本製品であるという部分になってきます。日本の製品の質の高さは、世界に誇る部分でしょう。光学機器にも属する複合機もそのひとつです。高い品質を持っており、中古で出回っているものでも、問題は少ないといえるでしょう。日本人の気質的にも、丁寧に使われていることが多いため、まず問題が出てきません。

非常に高額で、ランニングコストもかかるのが複合機です。できるだけ抑えられれば、企業負担は大幅に減っていくのは確かですので、ある程度資産をしてみる必要もあります。利用枚数からも判断していけば、中古複合機がおすすめの理由が見えてくるでしょう。


関連記事

  1. 複合機のコスト減
  2. 中古との比較
  3. リースとの違い

 

Pocket