リースとの違い

複合機を導入する場合には、購入以外にもリースするという方法が出てきます。負担というところで軽減させることが中古のメリットになりますが、リースも同様の性格を持っているため、メリットを比較して考えなければいけません。

電卓リースを考えた時に、1回の支払いということでは、非常に軽くなる方法です。購入するよりも、かなり軽くなるところが大きなメリットになるでしょう。イニシャルコストの軽減というところでは、リースに分があります。ところが、ランニングコストを考えていくと、毎月リース料が発生するところが問題です。長期で契約を結ぶこととなり、中途解約も減速できません。所有権に関してもリース会社にあるため、会社の資産になることがない代わりに、途中で売却して入れ替えるといった選択も不可です。使わなくなったから売ってしまおうということができず、リース料を支払い続ける存在になることも出てくるでしょう。

トータル的な金額を見てみると、リースのほうが高くなります。さまざまな経費が含まれていくようになり、保険料なども出てくるため、大幅に高くなるでしょう。納期の関しても、中古であればすぐに手に入れられますが、リースではそれなりに時間がかかる場合も出てくるため、利用の範囲も考えて判断が必要です。


関連記事

  1. 複合機のコスト減
  2. 中古との比較
  3. 中古にはメリットが
Pocket