中古との比較

コピー機複合機は必須の機材であることは間違いありませんが、とても高額な機器です。高額機器のひとつでもあり、非常に精密でデリケートでもあります。そのため、導入費用は高額になりやすく、かなり負担になることは間違いありません。中古コピー機が進められるのも、このコストを大幅に抑えられるからです。ですが、どうしても中古というだけでネガティブに感じる人もいます。ですが、新品と中古の違いを考えていくと、そのメリットが見えてくるようになるでしょう。

複合機の場合、中古にすることで、価格面で大きなメリットが生まれてきます。新品との最大の違いです。価格面での差がつくだけではなく、実際に最新機器との差はそこまでない場合が多いでしょう。もちろん、大幅に価格差をつければ、性能にも違いが出てきますが、タイミングが合えば、高機能な複合機も非常に安価で手に入れられるチャンスがあります

実際に使う機能で考えてみるとわかりますが、そんなに最新の機能が必要にはならないでしょう。複合機としての基本機能が使えれば問題がないという時にでも、中古で購入するメリットが生まれてきます。基本的な機能が低いということもありませんので、メリットが十分にあるでしょう。


関連記事

  1. 複合機のコスト減
  2. リースとの違い
  3. 中古にはメリットが
Pocket